JP  EN 

和ばさみ

職人がひとつひとつに丹誠を込めた完全手作りの和ばさみ
鋼を鉄に付ける鍛接(たんせつ)という、江戸時代から続く伝統技術を生かし、鍛冶職人がひとつひとつに丹誠を込めた完全手づくりの和ばさみです。 新潟三条でも数少なくなった、熟練の鍛冶職人が仕上げた刃の切れ味は抜群です。
「指当て」を一体化した画期的な構造の握りばさみ(糸切りばさみ・糸はさみ)
永い和ばさみの歴史の中で成し得なかった「指当て」を一体化した画期的な構造のオリジナルデザイン。刃先がぶれにくく細い糸、薄い布も難なく切れます。 また、長時間握っていても手が痛くなりません。錆びやすいという従来の製品の欠点を解消するため、表面を黒染め加工し錆びづらくしています。
105mmと120mmの2種類のサイズがあります。